TOP > 導入事例 > パシフィックマークス 月島地下駐車場様

犯罪防止、コスト削減、CO2削減で、導入実績を積み上げ中。

導入の目的

電気代に加え
メンテナンスコストも効果的に削減したい

24時間点灯の地下駐車場だけに、竣工当初から、設備関連コストのなかでも共用部分の電気料金がもっとも大きな課題でした。LED照明なら、一般蛍光灯に比べて約50%の削減効果を期待できることから導入を決定しました。
長寿命のためメンテナンスコストも含めてトータル的に経費削減できる点も大きな魅力でした。

(パシフィックマークス月島 ご担当者様)

リニューアル後

前年同月比で約45%もの電力消費量を削減。交換作業が無くなりメンテナンスが楽に

LED照明を導入した結果、駐車スペースにおける電力消費量は前年同月に比べて約45%もの削減を達成しました。また、以前は月に4~5ヶ所は必ず発生していた蛍光灯切れの交換作業も、LED を導入後は全く無くなり、管理負担が軽減されています。

(パシフィックマークス月島 ご担当者様)

イメージ

相当な数の照明器具を24時間点灯させている必要のある地下駐車場だけに、LED照明によるランニングコストの削減は大きな効果を発揮。

イメージ

安全のための照度確保もしっかり

蛍光灯からLED照明に交換しても、明るさや見え方の変化はなく、安全性への影響もありませんでした。

イメージ

メンテナンスコストも大きく削減

十分な照度確保のために多数の照明器具を必要とするため、長寿命による交換頻度の減少は予想以上の手間とコストを削減。

イメージ
サンコーライテック担当者からのご提案内容

外光の入らない地下駐車場は、24時間フル点灯を必要とし、照度の確保は安全・防犯の面からも必須事項です。同時に24時間点灯するということは、従来の蛍光灯では消耗もはげしく、管理運営をされる現場での交換メンテナンスに負担がかかります。
パシフィックマークス月島様は、設備コストの中でも共有部分の電気料金削減が当初からの大きな課題であり、同時に従来の蛍光灯の寿命切れに伴う交換メンテナンスの手間・費用などを考慮すると、LED照明への移行は非常に大きなメリットがあることは歴然でした。結果として上記のようなご感想を賜り、導入に携わった者として嬉しい限りです。
導入を検討されているユーザー様は、LED照明へ移行する際に生じる配線工事に対し、非常に時間や手間がかかるのではないか、という懸念をお持ちになるようですが、今回のパシフィックマークス月島様のように電設業者が複数チーム編成で施工を行うと、短時間での工事施工完了を可能にすることができます。

導入商品

導入商品

はじめてのLED照明導入も専門家がしっかりサポート。詳しい内容に関してお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

  • Copyright(c) SANKO LIGHTECH CO.,LTD. All rights reserved.