TOP > 導入事例 > 三機工業株式会社様

統合ネットワークで実現するスマートオフィス

スマートオフィスについて

ITで進める、一歩先ゆく
オフィス設備。
『三機スマートオフィス』

弊社開発ソフトの三機スマートオフィスマネジャー「SSOM」を中核とする
エネルギーの見える化・節電・IP化対応等を実現したデモルームです。
三機スマートオフィスデモルームでは、実際のオフィスをモデルとして、入退出管理や照明・空調制御システムなどのビル設備と、IP電話やパソコン、タスクライトや電動ブラインドなどのオフィス環境が相互に連携している状況をご覧いただくことができます。
また、デモルームを設置してから2011年11月から2012年1月末までの
約1か月間で70社220名の方にご体感、ご好評をいただいております。

(三機工業株式会社 ご担当者様)

スマートオフィスの機能

オフィス照明にはLANケーブルで点灯や調光が可能なシスコシステムズの Cisco UPOE※を利用したネットワークLED照明システム(DEP社との共同開発/LED蛍光灯:Classic Light Tube)を設置して頂きました。

IP電話で照明やスポット空調の操作、パソコンなどのIT機器を制御。
さらに人感センサとの連携により、室内の明るさやデスクの在籍人数により照明を自動で調整。

デスク上の複合センサ(温湿度・照度)により個人単位の環境を制御することができ、一層の節電効果が期待できます。

イメージ

写真(左/右上)ネットワーク照明、サンコーライテック製Classic Light Tubeを使用。
写真(右下) IP電話で照明のオンオフや調光ができる。

※60ワットの電源供給可能なパワーオーバー イーサネット(PoE)機能

イメージ
イメージ

今回、デモルーム開設と同時に三機工業本社9Fのオフィスにも同様のシステムを導入しています。そこではオフィスの消費電力の約40%を占めると言われている、照明・コンセント電力(情報機器の待機電力なども含む)を実際に40%以上を削減。エネルギーの見える化により一人ひとりの省エネ意識が高まっています。
(三機工業株式会社 ご担当者様)

管理画面イメージ1

 9Fオフィスの実際の管理画面。
 各ゾーンごとの電力の見える化。
 別画面では、各デスクごとの使用電力も
 見ることができる。  


 ピンクゾーン  :Hf蛍光灯
 ブルーゾーン :LED蛍光灯
           他社製
           個人による点灯不可
 グリーンゾーン:LED蛍光灯
           Classic Light Tube
           LoE
           個人による点灯可

サンコーライテック担当者からのご提案内容

客先訪問、来客、社内会議など社員の出入りの多いオフィスフロアでは、細かい 照明のスイッチコントロールは難しく、省エネ対策も人為的感覚・
操作により効率的ではありません。
LoEは、遠隔操作機能に加え、LANおよびネットワークの標準規格を使用しながら、Cisco社の優れた技術を採用することでOA系・設備系 システムとIP通信でのシステム連携を意識したソリューションです。Cisco社とも打合せを重ねDEP社を中心に開発し、 LED一本単位からの細かい自動制御も可能になることを提案させて頂きました。

提案から企画、設計までの間に、三機工業さんではLoEの機能を最大に引き出し、スマートオフィス の各システムと連携した、オフィスにおける省エネ効果を最大限に実現したソリューションであると思い ます。
「社員がオフィスフロアを動けば、LED照明と各システムが自動的に連動する」、誰もがエコを 体感できるソリューションとなります。

世界初60W給電能力(UPOE)によるLED自動制御の技術を盛り込んだ「世界初のスマートオフィス」 という三機工業さんの思いを合言葉に幾つかのトラブルも克服できた大きな成果だと思います。

模型
三機工業株式会社 プロジェクトの皆さま

LED蛍光灯


はじめてのLED照明導入も専門家がしっかりサポート。詳しい内容に関してお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

  • Copyright(c) SANKO LIGHTECH CO.,LTD. All rights reserved.