TOP > 導入事例 > 沖縄県渡名喜村様


那覇市から船で約2時間、北西約60kmの所に位置する、風光明媚な渡名喜村。
2013年8月に当社のLED投光器1灯式(カスタム製品)をフットライトとしてご導入いただきました。
今回は、製品を導入いただいた渡名喜村役場、民政課 課長の渡口様にお話を伺いました。



村民の安全と電力使用量を抑えるために


―当社製品を導入する前はどのようなことでお悩みでしたか?

本村で使われている電気使用量が大きいこと、設置してある電気機器等の取り換えについては専門の方でないと対応が出来ないことから 何とかならないものかと考えていました。

また、現在設置してあるライトはフットライトでありながら高い位置にあるため、車での運転時にはちょうど目の高さにきてしまい 非常にまぶしく、運転しづらいとの声がありました。

道幅も狭いため、そのライトにぶつかってしまうというトラブルも起きています。


―当社製品を知ったきっかけは何ですか?

製品はパンフレットやホームページで知り、その後は担当者からの説明で製品の詳しい内容を知りました。
足元を照らすために角度整が可能であること、塩害対策がされている事などの要望を出し、本村に合うようなフットライト型に 改良していただく必要がありました。結果、導入を決めてから少し時間と手間がかかってしまいました。


決め手は製品の長寿命とスマート性


―当社以外の製品ももちろんあったと思いますが、当社製品を導入いただいた決め手は何だったのでしょうか?

大きなポイントは2つあります。電気料金の削減と製品のスマート性です。
4万時間という長寿命のため、メンテナンスの回数が減ること、道路に設置するのではなく、 壁に埋め込む事によって人や車がぶつかる心配がなくなることもポイントが高かったです。


―実際に当社製品を使用されて、ご感想はいかがですか?

今までのものに比べると少し明るすぎるかな、というのが正直なところです。 もう少し照度が低い方がいいかなと思っています。今後、改良型が出ることを期待しています。

(渡名喜村役場 民政課 課長 渡口様)

LED

LED

LED

LED

放熱は後ろの壁をメッシュ状にすることにより解消。
角度も変えられるので明るさの調整も可能。

はじめてのLED照明導入も専門家がしっかりサポート。詳しい内容に関してお問い合わせ下さい。

LED照明導入の流れ

  • Copyright(c) SANKO LIGHTECH CO.,LTD. All rights reserved.